三次元計測

三次元計測(3D Laser Scanner)

我が社では、国土交通省が推進するi-Constructionを実践し、いち早くICT施工の取り組みを行っています。
現場の条件に応じて、3Dレーザースキャナーやドローンでの起工測量・出来形管理を行います。また、3次元設計データ作成も行っています。
三次元計測にて取得したデータを基に、土量計算、縦断図、横断図の作成、3Dにおけるモデリングが可能であり、 さまざまな業務に活用いたします。


起工測量 3Dレーザースキャナー測量やドローンを用いての測量により、得られたデータを解析・編集して起工測量データを作成します。 縦横断照査や数量計算及び任意の断面抽出など、多用途に活用可能な点群元データを取得します。
従来、法面などロープを用いて行っていた測量も、安全な離れた場所から行うことが出来ます。

3次元設計データ作成 設計図書と起工測量データを元にICT施工の設計図となる3次元設計データを作成します。
マシンコントロールに不可欠な重要データとなります。 また、構造物を設置する際の検訂やモデリングに使用出来ます。


出来形管理 施工後に出来形計測を行い評価用データを作成し、出来形管理を行います。
従来の検査方法と比べ、施工範囲全体の検査が可能です。
土木工事の他、とび土工、コンクリート工事、舗装工事など様々な工事に対応しています。

地形計測(造成・推砂) 広範囲のデータを高速、高精度で取得することができ作業の効率化を図れます。 また、取得データにより、縦横断測量、土量計算ができ鉱山、ダム、砂防ダム、砕石場等での堆積量計測にも役立ちます。

路面計測・法面計測 道路路面の計測を高精度に行うことができ、形状変化やクラック等の経年変化調査にも役立ちます。 また、交通量の多い道路内や崖地などの危険地帯等に入らずに計測でき、作業従事者の安全性の確保も可能になります。

トンネル空間断面計測 連続した三次元データにより、任意のピッチで断面形状が抽出でき、設計データや過去のデータとの差異も安易に把握できます。

構造物調査点検 経年劣化等の構造物維持管理、修復時の形状計測、積算資料に利用できます。また、古く設計資料のない構造物の図面作成に役立ちます。

設備現状調査 工場の設備配置変更等を行う場合の事前調査、モデリングの作成が可能です。また、図面がない配管図の作成、干渉の確認が行えます。

歴史的建造物・遺跡調査 文化遺産には、設計図面が残されていません。非接触で計測できる三次元レーザースキャナーを用いて、対象物を傷つけることなく、詳細な三次元形状が取得できます。 また、3Dプリンターで立体模型を製作し、学生や新入社員の教育資料、安全対策資料として活用できます。