電力設備調査

電力設備調査

~街に電気を届ける路(みち)づくり~

人々の暮らしに必要な電気を届けるために、山奥にある水力発電所や海の近くにある原子力発電所、
自然エネルギーを利用した太陽光発電所、風力発電所など街から遠く離れた場所で電気は生まれています。
その電気を一般家庭に届ける「送電線」を建設できるよう、現地調査や測量、図面作成を行っております。


送電線路調査設計 山間部や海岸部にある発電所から、市街地まで電気をどう運ぶべきか。
送電ルートを計画し、送電線施設建設のための調査測量設計を行います。
送電線ルートに同じものは一つとしてありません、発電所から街まで
100キロ以上に及ぶ道のりには、山あり谷あり、川や道路、鉄道、海峡など
様々な環境があります。その様な条件のもとで、出来る限り自然環境を変えないように、
かつ無駄が生じないように、最適なルートを何度も検討します。
様々な環境条件、法令関係を考慮し人と自然が共存し、長く運用できる施設の建設を目指し調査測量設計を行います。


送電設備保全調査 送電線設備の保全業務は、電力安定供給に欠かせない重要な業務の一つです。
豊富な経験と技術の蓄積を背景に、的確・確実な保全計画を提案しています。
また、日常的な管理業務に加え、台風・豪雨・地震などによる災害の発生など
緊急時の復旧業務にも迅速に対応します。

仮設運搬路調査設計 高圧送電線は、地形の厳し山間部に建設されることが多く、工事に必要な資材・機械工具等を
現場に搬入するための運搬計画を工事の規模、工期、経済性、環境保全を考慮し立案します。
その運搬方法も車両運搬、索道キャリア運搬、モノレール運搬、ヘリコプタ運搬と多岐に亘るため
豊富な経験と知識が必要とされます。